2014年時点では時代を感じた建物であった。経営が変わり、設備を改装。心地よくなった。

キャディーは男性が中心であるが、数人の女性を確認。

カートはグリーンフィーに含まれている。

ロッカールームは古い。不自由はないので安心してアフターゴルフのシャワーが出来る。問題ない。

天然芝からの打ちっぱなし。

プロショップは必要最低限は売っている。面白くはないが、必要なものは調達できる。

ホテルとの共有レストランでは、インドネシア料理をはじめ、アジア、洋食など頼める。となりに和食もあり。

テニスはあるが、未確認。ホテルもある。

 

戻る

Clubhouse:

表(左)と裏(右)

Lobby:

ホテルロビーはなかなかダイナミック。

 

Reception (2018):

ホテルロビーの置くにプロショップと受付。

 

Reception (2014):

旧プロショップでの受付。明るいスタッフが対応。

 

Locker:

受付は女性と男性ロッカールーム共有(現在は写真とは若干変わっている)

 

Locker:

余裕はあるが、ちょっとセンスが一昔前のもの。

 

Locker:

大浴場の設備もあるが、使われていない。勿体ない。現在はシャワーのみ。

 

Cafe (2018):

前は茶屋のを大改造。現在では本格的なレストラン・カフェ。テラスで寛ぐのが気持ちが良い。

 

Main Cafe (2014 現在あるかどうか未確認):

インドネシア料理、アジア、洋食などなんでもある。

 

Pro Shop (2018):

マインロビーにプロショップが移り、品揃いも良くなった。一流リゾートに近づくことに努力していることがよく感じられる。

 

Pro Shop (2014):

ロッカールームの隣にあるプロショップ。ちょっとしたものは売っていた。

 

Cafe(2014):

ハーフ終わったら、ここで茶屋代わりで休める。

 

Hotel:

前は別館であったホテルのメインロビー。

 

Caddie:

男性であるが、距離とラインは確実。

 

Tennis:

コートは未確認であるが、出来る。

Driving Range:

天然芝からの練習可。

 

Practice Greens:

今まで見たことない珍しい練習グリーン。

 

Japanese Restaurant:

和食もあり(味は未確認)

Hotel:

ホテルの方も改装中(右)。左の建物は改装前、右の建物は改装後。