2018年の感想: なかなかのコースなのに、ちょっとクラブハウスの設備が気持ち物足りない。オープンで綺麗であるが、あと一歩がんばってほしい。

キャディーは男女両方あり。付いたキャディーは男でなかなかゴルフを知っている奴。クラブ選択も間違ってなく、楽しくプレーが出来た。

カートはグリーンフィーに含まれている。

ロッカールームは最近改装した雰囲気。

練習場はあるが、確認できず。

プロショップは閉鎖中。

カフェはある。なかなかまとも。

休憩場はあるが、なにも打っていなかった。

戻る

 

Clubhouse:

インドネシア設計のオープンスタイル。

Lobby:

入って右に受付、左にプロショップ。

 

Reception:

支払い等は受付で行う。

 

Locker:

意外と新しい、清潔感のあるロッカールーム。

 

Locker:

ロッカーには気合が入っていることが良く分かる。

 

Main Cafe:

オープンテラスでの食事。

 

Pro Shop:

(2018年時点では) 閉鎖中のプロショップ。残念!

 

 

Rest House:

トイレがメインの休憩場。たまに飲食類、ボールなど売っているが、プレーした日はなし。