キャディーはいない。

カートは必要。グリーンフィーに含まれている。GPS付き。スコアカードをGPSに打ち込み、なんと指定したアドレスにスコアカードをE-mailしてくれるサービスもある。

ロッカールームは今まで行ったゴルフ場の中でトップ10。それほど大きくは無いが、快適。

天然芝からの打ちっ放し。無料。

プロショップは豊富。ウェアーもいっぱい。

英国バー式カウンターとレストラン。食事はしなかったが、おそらくイギリス人達が喜びそうなメニュー。

茶屋は前半と後半あるが、早朝ティーオフの時はまだ開いていない可能性大。ただし、ドリンクカートがやってくるので心配は無い。サンドイッチなど軽食を頼める。

そのほかの施設は未確認。

 

戻る

Clubhouse:

表(左)と裏(右)

Lobby:

余裕を持った入り口。

 

Reception:

プロショップで受け付けられる。

 

Locker:

豪華ロッカー。ロッカーまで行くのに、スタイリッシュな廊下を歩く。

 

Locker: 

 ロッカールームはそれほど広くない。マイ・ロッカー(写真右)が私を待っていた。

 

Locker:

シャンプーなどはSalvadore Ferragamoブランドを使っている。

 

Locker:

本格的なレストランでランチなどできる。

 

Pro Shop:

ものは豊富。ロゴ入りグッズなど買いたくなる。

 

Tea House:

前半の茶屋は開いていなかった。

 

Drink Cart:

暑いゴルフ場でこのような飲み物を積んだカートが助かる。サンドイッチなども頼める。

 

Practice Range:

天然芝からの練習ができる

 

Practice Greens:

ボールはもう積んである。

 

Map: