アップヒル、右ドッグのロング。右のフェアウエーバンカーの奥にもうひとつバンカーが隠れているため、越えることは考えない方が良い。2打目はアップヒル。ピンは右のマウンドの奥に隠れている。

2019年は13番ホール

戻る

 

再び森のコースに戻り、ちょっと圧迫感がある。左にドッグするホール。1打目である程度距離を稼がないと、2打目がスタイミーになってしまう。

ただし、長いフックを打つと、池ポチャの可能性大。

2打目は池越え。

とにかく慎重に全ストロークを打ちたいホール。

2019年は14番ホール

戻る

急激なアップヒルのショート。2番手以上のクラブを打つぐらいのアップヒルショット。

2019年は15番ホール

戻る

また狭っくるしいロング。2打目からはアップヒル。グリーン手前もマウンドがあり、2オンは狙えるが、オンしにくいデザインになっている。

2019年は16番ホール

戻る

見た目以上長いショート。特に風がアゲンストの時。

右のバンカーに注意。

2019年は17番ホール

戻る

アップヒルの真直ぐミドル。ドライバーを打てるが、左右のラフに注意。グリーン手前のバンカーが大きい。

2019年は17番ホール

戻る

ティーオフはアップヒルであるが、途中からフェアウエーはダウンヒルになる。得にバンカーもなくひたすら真直ぐ打ちたい。

ロングヒッターは是非2オンに挑戦してほしいホール。

2019年は1番ホール

戻る

打ち下ろしのショート。ちょっと狭く感じるが、オンすれば気持ち良いホール。

2019年は2番ホール

戻る

ティーショットは崖を越えるミドル。途中から右にドッグするホール。右のラフは斜面になっているため、出来るだけボールをフェアウエーの左に落としたい。

2打目もグリーンの左を狙うのが無難。

2019年は3番ホール

戻る